ブログ

3月26日 おはようございます。

モチコンことモチベーションアップコンサルタント中村早岐子(さきこ)の

元気の出る今日の「ほめ言葉&アート」

『ひとりひとりが思いを共有する大切さ』

 

この春、新入社員として入社される方の胸の高まりが聞こえてきそうです。

新入社員研修も、従来のビジネスマナー研修メインのところが大半ですが

ほめ達セミナーを希望されるところもあります。

来週伺う、熊本の医療法人様からのほめ達セミナーは

現在のスタッフに新人スタッフも含めて50数名が受講されます。

 

2月の段階で検討されていたのですが、実施日を

新人が入り全員揃っての受講を計画されました。

 

このタイミング、私は素晴らしいと思いました。

仕事については経験豊富なベテラン、そして新人。

でも、ほめ達については、みんな一緒に・・・。

 

ほめ達で組織活性化をめざす。

患者様、ご利用者さまの笑顔を増やす。

自分たちの仕事のやりがいを共有する。

 

組織はチームです。

先日の銀行の覆面調査後の研修で「職責別ではなく、支店ごと」に

アイランド型に席を配置したのも、その「チーム」を意識してもらいたいからです。

先輩、後輩、上司部下とそれぞれの立場はあるけれど、

同じチームとして目的が共有できていることが、強みになるはず。

 

どうせこれは、先輩が頑張ること、私はまだ新人だし。。

私は全体を見るから、みんながほめ脳になっているかの様子を見よう。

・・・なーんて、ことでは絶対に無理、無理、無理!!!

一人ひとりの思いを理解しあって、共有しあって、

ちょっと困ってる状況や、時間が足りない・・・って緊急時に

さっと合体できるチーム!

 

ほめ達ではジグソーパズルを例にあげています。

凹んでいるところは誰かのと凸出しているところでカバー。

自分の凸だしているところは、誰かの凹みの応援!

 

そのためには、「思いを共有」していないと!

新人スタッフを交えていろいろなセミナーなどの最後に

ほめ達セミナーを私が2時間担当します。

19時から21時。

 

昨夜、その医療法人様からメールが届きました。

「懇親会に出席していただけますか?」

 

もちろん!!

 

その日は私も思いを共有するチームの一人に。

元気の出る今日の「ほめ言葉&アート」

『ひとりひとりが思いを共有する大切さ』

●IMG_4239

出典 泣く子もほめる「ほめ達」の魔法
一般社団法人日本ほめる達人協会

理事長西村貴好著

経済界新書

関連記事

準備中

RSS 中村早岐子 オフィシャルブログ

ページ上部へ戻る