夢ロゴアート講座

美文字から一歩先へ 夢ロゴアートから新しい自分を発見する

※公式サイトより

夢ロゴアートのバラ突然ですが、あなたはバラが描くことができますか?結構難しいですよね。輪郭を書いて、色を塗って、グラデーションを付けて光を出す、でもなかなか満足するものが描けない・・・。

誰でも一度は、「美文字やきれいな絵が描ければいいのに・・・」と思ったことがあるはず。 でも、自分はセンスもないし、時間もないと少しだけ諦めているかもしれません。

でももし・・・
・1分でバラを描ける方法があるとしたら・・・・
・楽しみながらデザインされた美文字が書けるようになるなら・・・
・もっと手軽に、感謝の気持ちを手書きで伝える方法があるとしたら・・・
・あなたの描いたものが、感動して喜んでもらえたら・・・
・それを教えることで、お互いに褒めたり認め合ったりすることができるなら・・・

夢ロゴアートを始めることで、新しい自分を発見できるかもしれません。

夢ロゴアート+美文字 百聞は一見に如かず

バラを描こうとすれば様々なスキルが必要になるのは、いまさら説明するまでもないと思います。
私も書家なので、絵には自信がありません。

でも、こんな方法もあります。

バラの輪郭を書いて、ぐちゃぐちゃに塗って、水を落とすだけ。

朝顔は5点滲ませて、中心に水を落とすだけ。
不思議!バラと朝顔の完成!

描くよりも咲かせるといった表現がぴったり!

それに美文字を加えます。

如何でしょうか?きっと自分にもできるかもしれないと感じてもらえたはずです。

夢ロゴアートの 「ひ・み・つ」を教えます

夢ロゴアートのオーロラなぜ夢ロゴアートを使えば誰でもバラが描けるのでしょうか?

それは、夢ロゴアートがペーパークロマトグラフィーという科学を利用しているからです。 ペーパークロマトグラフィー?耳慣れない言葉ですね。

クロマトグラフィーとは成分を分離することです。 物質を詳細に分析する研究機関などで使われ、その分野の学会まであります。

ほとんどの人は筆ペンなどに含まれているインクは1色だけだと思っているはずです。きっとあなたもそうだと思います。でも実は1色じゃなく、複雑な色が混じっているのが真実です。

インクを紙と水で分離すると、きれいなグラデーションが勝手に作られ光っているように見えます。絵を描く事が難しい理由の一つとして、このグラデーションをつける技術があり、それを習得するためにはとてつもない時間と訓練が必要です。

でも夢ロゴアートなら、こんなオーロラ風景も簡単に作れます。描くのではなく自然にできるのです。

すっかり忘れているかもしれませんので、もう一度大きな声でいいましょう。
私は書道には自信はありますが、絵は描けません。

夢ロゴアートは、美文字の線でできています

夢ロゴアートの美文字からできた線の金魚今までバラや風景の書き方を説明してきましたが、絵が簡単に描けるのは、あくまで、夢ロゴアートの可能性のひとつにしか過ぎません。

例えばこの金魚は全て文字の線でできています。
美文字は形だけ整えれば美文字になるわけではありませんl.
一番大切なことは、美しい線を書くこと。そしてそれはリズムがあり、流れが必要なのです。
夢ロゴアートは美文字の命とも言える美しい線を楽しみながら絵や文字に応用しています。
線の美しさは美文字にも水墨画にも絵付けにも・・全てに共通しています。

夢ロゴアートでは美文字に応用できる線質を磨くことができます。

筆ペンと専用の紙 夢ロゴアートは手軽さが魅力です

筆ペンの写真夢ロゴアートはカラーの筆ペンを使うので、ひらめいたらすぐに書き始めることができ、終わる時も筆を洗う必要もありません。

準備・片付けがほとんどいらず、場所も取りません。

手軽さが夢ロゴアートの魅力の一つです。

■カラーの筆ペン

夢ロゴアートでは、 アートブラッシュという海外用として30年以上前に作られた18色のぺんてるの筆ペンを使用しています。

ぺんてるの筆ペンは、書き味、発色の良さ、穂先の強さ、そしてカートリッジタイプで大変優れた商品だと思います。特に耐久性は目を見張るものがあります。講座で使用したり子供に貸したり、かなりハードな使い方をしていますが、全く筆ペンが痛みません。一度買ったらずっと使える素晴らしい筆ペンです。

■紙について
私は書道でも紙選びは何十種類も試します。書き味、滲み具合、筆との相性、厚さなどなど。だから、夢ロゴアートでも紙の選定については、かなりの数を試して夢ロゴアートにぴったりなものを作っています。同じような紙でも、微妙に滲み方が違ったり、色が分離しにくかったり・・・

本当にたくさんの種類を試して、ようやく夢ロゴアートに最適な紙に辿り着きました。

美文字から一歩先へ 使い方はあなた次第

夢ロゴアートの使い道夢ロゴアートの使い方は人それぞれで全く異なり、明確に分類することはできません。そこで夢ロゴアートを始めた人達が実際にどのような使い方をしているかを紹介しておきます。

■夢ロゴアート×スキルアップ
・デザイン的な美文字を書きたい人

・絵のスキルを磨きたい人

・デザイン力を上げたい人

・カラーセンスを磨きたい人

■夢ロゴアート×仕事
・夢ロゴアートのインストラクターとして講座を開いている人
・集客ツールや差別化ツールとして利用する人
・店舗ロゴやPOPを書く人
・顧客に手書きのはがきを送る人
・イベント等でお名前アートや夢を書いてあげる人

■夢ロゴアート×自己表現・自己開放
・カラフルな水で広がっていく様子を見ていると癒される人
・もやもやした気持ちを、紙に書くことで、すっきりする人
・今の自分の気持ちを客観的み見つめなおす人

■夢ロゴアート×コミュニケーション
・習うだけでなく教室を開くことでたくさんの人と出会い人生を豊かにする人
・自分の書いたのもが人の役にたち、感謝される喜びを得ている人

■夢ロゴアート×子供
・子供と一緒に書くことで親子のコミュニケーションがとても良くなった人
・子供の気持ちを、書いたものから感じ取る人
・子供の感性を育て、褒めたり認めたりする人
・子供から教えられる人

・孫に夢ロゴアートを教えることでとても尊敬されるようになった人

他にも使い道は色々あるかもしれません。

あなたなら、夢ロゴアートをどのように使いますか?

ページ上部へ戻る